「伏魔忍竜 マンダラリュウオー」で後列コールが強そう!?【ヴァンガード 今日のカード】


こんにちは、那音です。
ヴァンガードの今日のカード関連の記事は毎日書いているからかもしれませんが、なかなか安定したアクセスがあり僕としてもモチベーションが上がるので今日もしっかり書いて行きたいと思います。よろしくお願いします。
今日のカードは「ファイターズコレクション2017」収録の「伏魔忍竜 マンダラリュウオー」です。むらくものGB(8)ユニットですね。GB(8)もだいぶ出てきましたね。バミューダを残しているあたりブシロードさんって感じですね。
さっそく能力を見てみましょう。

伏魔忍竜 マンダラリュウオー
・GB(8) ドロップゾーンから2枚山札に戻し、自身と同名のユニットを2枚まで山札からコールし、そのターン中『(影縫)Vのアタックがヒットしなかった時に、手札を3枚捨ててスタンドしているこのユニットを(V)に移動』を与える

という能力ですね。
早い話が、リアガードを2枚調達したうえで、疑似Vスタンドの能力を付加し相手の手札とダメージを荒らすといった感じでしょうか。


自身の同名ユニットなので、実質的にハーツにしたユニットをコールすることになります。
この能力でコールした場合、エンドフェイズに山札に戻らないので、仮に付与した能力を使用する機会がなかった場合でもリアガードを残すことができます。リアガードの調達が容易なクランとはいえ終盤にリアガードが残り、本来リアガードの展開のためのコストを他に充てられるので覚えておいても損はないでしょう。

このユニットを使用するうえでネックになるのが、「誰をコールするか」「どこにコールするか」でしょう。

コール候補のユニットは、超越前のヴァンガードなので、ヴァンガードどして使用できるユニットでなければなりません。

最初に思ったのが「隠密魔竜 カグラブルーム」でVスタンドとブレイクライドを同時に行うということだったのですが、(R)→(V)の移動はライドではないので、ブレイクライドは誘発しません。

そうなるとやはり「隠密魔竜 アラゴトスパーク」が候補になるでしょうか。
1回目の(V)への移動が成功した後は、(V)のアラゴト、(R)のアラゴトという二重の影縫が誘発する可能性があるので、ここでのガード強要力は高いと思います。
ただ、GB(8)を達成する程の終盤はガード強要をするようなフェーズではないと思いますが…お互いにまだダメージが少なかったりして長期化しそうな場合は、アラゴトも候補に入りそうですね。

あとは「審判の忍鬼 ヤスイエ」が、単純に使い勝手が良さそうではありますね。

コールする場所は少々難しいですね。
付与される能力発動のためにはヴァンガードのアタック終了時にスタンドしていなければならないので、単純に前列でアタッカーをするとアタック回数の面で損失が発生します。
特にパンプ等もないので、ここは後列にコールするのがベストでしょうね。特にV裏にコールできれば、ブーストが入らないことにより影縫も達成しやすくなると思われます。

また、コールしたユニットでアタック後、ヴァンガードのアタックでスタンドトリガーをヒットさせることを狙ってスタンド偏重構築にしてもいいかもしれません。こうすれば最大限に能力を生かせますが、いかんせん運が絡むので、特にフィニッシュを狙うターンにおいて安定性が下がるという点で良くないかもしれません。

後列にコールする場合は「圧搾の忍鬼 サラシナヒメ」でパワーを吸収することも視野に入りますね。被ブースト時の能力活用は難しくなりますが、無駄なくパワーを上昇させることができます。パワーを吸収されたユニットは(R)→(V)に移動した際も、領域移動をしたことによって別のユニットとして扱われパワーが戻りますので無駄がないです。



2017/04/26追記
領域の移動によって別のユニットとして扱われるので、パワーの補正はなくなると思っていたのですが、
なにやらQ&Aにて

Q
「伏魔忍竜 マンダラリュウオー」の「スタンドしているこのユニットを、ヴァンガードサークルに移動させる」能力は、トリガーの能力を引き継いだまま、サークルの移動を行いますか?

A
はい、トリガーの能力を得た状態で、サークルの移動を行います。

とありますね…。
ってことは、サラシナヒメのパワー下降も引き継ぐということなのでしょうか…。
これはちょっと問合せしてみないと分からないので、問い合わせてみます。その前に総合ルール見てみますが。
現時点ではこのサラシナヒメとのコンボは誤りの可能性があるので、注意してください。


今日のカードは結構使い道を考えさせられますね。もっと相性の良いユニットが登場すれば輝きそうです。

関連商品:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です