【艦これ】2017秋イベント【E2甲】スタート地点ギミック解除編成&E2の注意点いろいろ


提督の皆さん、こんにちは。那音(なおと)です。
私は2017秋イベント「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)」のE2・甲作戦の攻略を開始しました。
とりあえずスタート地点開放ギミックを攻略したので、編成などなどを出来るだけわかりやすく書いていこうと思います。

E2について

まずはE2のマップを見てみましょう。

スタート地点2箇所ありますが、「2」の方は最初からは出現しておらず、ギミック攻略によって出現させる必要があります。


第三艦隊による遊撃部隊(7隻編成)で出撃が可能です。というかそれ前提のマップですね。

条件はこちらです。

【条件①】
C, Dマス両方で制空権優勢以上
【条件②】
JマスでS勝利

上記の2つの条件を満たすことで、スタート地点2が解放されます。
札の都合上E1で出撃した艦娘も出撃できるので、うまく運用していきたいところ。

Cマス

さっそく編成から。

目的はCマスで制空権優勢なので、航巡とあきつ丸を駆使して制空値を稼ぎます。

もちろん、基地航空隊の編成も必須です。
基地航空隊の編成は以下の通りです。一番左の「【Cマス】集中」の編成ですね。ここは、Cマスに集中出撃させます。

基地航空隊

ポイントは軽空母と潜水艦を編成に加えないということですね。これはルートの都合上必須のようです。(詳細は分かっていませんが…)
そして、その都合で制空値稼ぎは主に航巡の水上爆撃機で稼ぐことになるのですが、その場合はかならず熟練度を最大にしましょう。航巡の水上爆撃機なので制空値はもちろん控え目ですが、熟練度が最大になっているだけで稼げる制空値は大きく変わります。


ルートは、A→B→Cを通ります。

後にこのルートの延長でJマスまで狙いますが、Cマスの制空権優勢と一緒に狙えるものではないので、おとなしく撤退してOKです。
※編成画像では対空を上げるために高角砲を搭載しています。

【立ち回り】
基地航空隊はCマスに集中

Aマス
推奨:【単横陣】
潜水マスですが敵潜水艦の火力もほとんどないので事故はまずないかと思います。ただし慢心はNG。

Bマス
能動分岐なので、Cを選択。

Cマス
推奨:【輪形陣】
空襲マスです。ここで基地航空隊が敵制空値を削ってくれるので、それと併せて制空権優勢以上を狙います。

これで、Cマスは達成です。

Dマス

こちらもあきつ丸で制空値を底上げするのは同じですが、こちらは軽空母と潜水艦を加えます。
軽空母を加えることで制空値を稼ぐのがかなり楽になりますね。

基地航空隊は、編成はCマスの時のものと共通です。今回はDマスに集中で出撃させます。

ルートはA→Dです。シンプルでいいですね。

【立ち回り】
基地航空隊はDマスに集中

Dマス
推奨:【輪形陣】
空襲マスです。ここもCマス同様、基地航空隊が敵制空値を削ってくれるので、それと併せて制空権優勢以上を狙います。

私の場合は、特にどうっていうわけではないのですが、制空権確保できました。もちろん、優勢以上なのでこれでもOKです。

※注意点として、Cマス攻略時に水上爆撃機の熟練度が剥がれていた場合、面倒ですがかならず付け直すようにしましょう。

Jマス

Jマスは敵水上艦と敵潜水艦が混在するマスなので、S勝利を狙う場合の装備バランスが難しいです。
ここでは、敵水上艦を基地航空隊に処理してもらって、出撃艦娘で対潜装備をするという方法をとります。

編成はこちら。

ゴリゴリの対潜装備をします。

ここはガチな注意点なのですが、五十鈴改二はE-3で使用する可能性がある「小沢艦隊」に属している艦です。
私の場合、五十鈴改二を2隻育てていたので札を気にせず編成に加えましたが、1隻しか育てていない場合はここでは出撃させず、温存させるが吉です。
その場合は、高速戦艦を編成に加えると良いでしょう。

基地航空隊はCマスの時に貼った画像を参照。
Jマスに集中出撃で、行動半径が4必要です。

ルートは、A→B→C→E→G→Jです。

【立ち回り】
基地航空隊はJマスに集中

Eマス
推奨:【単縦陣】
敵は水上艦ですが、開幕爆撃と開幕雷撃でほぼほぼ沈められるため、ほぼ無傷で突破できました。

Gマス
能動分岐なので、Jを選択。

Jマス
推奨:【単横陣】
敵水上艦は基地航空隊で沈めてしまうので、艦娘は潜水艦の相手をします。

今回は対潜に重く置いた編成なので、苦戦せずにS勝利できました。

E2の注意点いろいろ

とりあえず思いついたのを書いていきます。

出撃は第三艦隊で行いますが、ついつい癖で第一艦隊で出撃してしまう恐れがあります。
万全じゃない編成の第一艦隊で出撃してボコられるうえに、札もついてしまうので避けたいところです。
E2は正規空母系が出撃できないので、それを逆手にとって第一艦隊に正規空母系を配置しておくことで誤出撃を防げます

7隻編成の第3艦隊を編成記録することはできますが・・・
編成記録自体は可能なんですが、7隻目は記録されません。
編成を考えて次の日に出撃、みたいなプランの場合は注意が必要です。画面キャプチャなど、編成記録に頼らない形で記録しておいた方が良いでしょう。

出撃時の状態確認はひと手間増える
出撃画面でも編成時同様、下に「NEXT」が見えており、7隻目は見えない状態になっています。
出撃前の中大破確認ですが、7隻目もしっかり確認するようにしましょう。悲しい事故を起こさないために…。

と、こんなところでしょうか。少々癖はありますが、割とすぐに慣れると思います。



読んでいただきありがとうございました!
よかったら、Twitterのフォローお願いします!
この記事のURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。