Gガーディアン「明石国行 -花丸-」がなかなか強そうでヤバイ。【ヴァンガード 今日のカード】


ファイターの皆さん、こんにちは。那音(なおと)です。

そろそろ正式に告知しておかなければいけないかなと、若干思いましたので告知します。
長らくお休みをいただいている(自発的な趣味のことだから、こういう言い方は本来好きではないですが)武士道演舞Gですが、再開の目処が経ちました。前言ったっけ。
9/9(土)に次回撮影等を行いまして、その後9/16(土)頃に公開、というスケジュールで進め、その後はできれば隔週で公開していければと思います。なお、艦これのイベントが9/11までですので、僕のイベント攻略状況しだいでは、ここからそれぞれ一週間遅れることをご承知おきください。
だいぶ僕が艦これとポケGOに夢中で放置していたのでメンバーのヴァンガ欲的なのもそれなりにあるかと思いますし、竜皇覚醒でメンテしたデッキも使い時かと思いますので、まあ楽しみにしててください。以上、告知的なアレでした。


さて、今日のカードは「刀剣乱舞-花丸-デッキセット 第2弾」収録のGガーディアン、「明石国行 -花丸-」ですね。刀剣乱舞のGガーディアンは、一見面子が揃っているような気もするのですがなんだかんだクレイエレメンタルに頼っている部分が多いので(僕の考え方ではね)、まあ別にそれも悪いことではないのですが、こうしてクランとしてGガーディアンが増えるのは嬉しいですね。
さっそく能力を見てみましょう。

明石国行 -花丸-
グレード4/-/15000【Gガーディアン】《刀剣乱舞》<刀剣男士-太刀>
①Gガーディアン
②【自】:このユニットが(G)に登場した時、あなたのダメージゾーンの裏のカード1枚につき、そのバトル中、このユニットのパワー+5000。あなたのダメージゾーンすべてが裏なら、カウンターチャージ(1)。(もしカウンターチャージしても、このユニットのシールドは減らない)

少しトリッキーなテキストになっていますが、ダメージゾーンの裏のカード1枚につき、シールド値が5000上昇するGガーディアンです。更に、
Gゾーンの表のカードがないなら、カウンターチャージ(1)を行うことができます。

テキストの補足にも書いてありますが、【永】ではなく【自】のため、カウンターチャージしてもシールド値が減るということはありません。

単純に考えて、裏のダメージが1枚あれば、20000という悪くない値に。25000も出せれば、追加コストが発生しないノーコストのシールド値として見れば御の字でしょう。
刀剣乱舞のクラン能力のひとつ、リミットブレイク(3)真剣必殺を満たすダメージ3枚で、それらが全て裏であれば30000シールドとかなり安心できるシールド値になりますね。

このユニットのシールド値を効率よく高める方法としては、
「蜻蛉切 特」などのカウンターブラストを多く要求する能力を使用する

カードファイトヴァンガード/G-TB02/018 蜻蛉切 特 R

「骨喰藤四郎 特」の能力で、自身を回収しつつカウンターブラストを使用する

カードファイトヴァンガード/G-TB02/037 骨喰藤四郎 特 C

「鯰尾藤四郎 特」の能力で、ガードステップのタイミングで不意にカウンターブラストを使用する

カードファイトヴァンガード/G-TB02/035 鯰尾藤四郎 特 C

などが挙げられますね。
しかし、いくらリターンが大きいとはいえ、そもそもシールド値のために無理してカウンターブラストを使うくらいなら、そのリソースで攻めた方が勝ち筋は太いような気がしますよね。(もちろん、ケースバイケースですが…)

なので、一番うまく活用できるのは、攻めで自然にカウンターブラストを使って、自然にこのユニットの能力で柔軟に相手の攻めを受ける、というやりかたでしょうか。
(刀剣乱舞関連の話で攻めとか受けとか言ったら方々から怒られますかね。ごめんなさいね。)

これらを踏まえると、捻出できるシールド値の見積もりは20000、よくて25000くらいかなっていう気がします。そこまで高くないですね。
もちろん相手のデッキやプレイング、戦況にもよると思いますが、だいたい25000くらいではないかと思います。
逆に言えば、どんな状況であってもそのくらいのシールド値は見積もれるということですね。

ダメージの嵩む後半に強くなるようなデザインなので、必要な場面で必要なシールド値は出せると思っています。

そしてカウンターチャージ能力ですが、これは非常に助かりますね。
このユニットの場合、要件や使い切りの自動能力という点で、「メテオカイザー ガンドリード」ほどカウンターチャージに特化している訳ではありません。

カードファイトヴァンガードG/ファイターズコレクション2017/G-FC4/036 メテオカイザー ガンドリード RRR

しかし、前半のシールド値増加能力とあいまって、とても強力な能力になっていますね。
もちろんカウンターブラストを使いきったあともそうですが、シールド値を捻出するために無理やりカウンターブラストを使った場合でも、最低でも1枚のリターンはくると思えば、比較的選択肢としてはありな行動ですね。

刀剣乱舞のカードプールでは、カウンターブラスト(1)で活躍できるフィニッシャーが豊富に揃っていますから、このお陰で勝てるということもありそうです。

カードファイトヴァンガード / G-TB02 / 002 三日月宗近 特 GR カードファイトヴァンガード / G-TB02 / 006 日本号 RRR カードファイトヴァンガード/G-TB02/013 太郎太刀 特 RR

先日公開された、「石切丸 -花丸-」などもそうですよね。

なかなか侮れない能力をもったGガーディアンですが、刀剣乱舞のGゾーンで席を確保するには充分なスペックだと思います。

読んでいただき、ありがどうございました!

※「刀剣乱舞-花丸-デッキセット」に収録されている他のカードの考察はコチラからご覧いただけます。

関連商品: