艦これが面白くないと感じてきた理由


こんにちは、那音(なおと)です。
すっかり寒くなって来ましたね。僕の職場でもインフルエンザに罹った人が出まして、まあそれはそれで仕方ないとは思うのですが、しっかりと自己管理して健康に生活して行きたいところ。

今日はちょっと最近「艦これが面白くなくなってきたなあ」と思っているので、その理由を書いていこうかなと思います。
別に艦これを貶そうという意図はありませんが、結果的にそういう文章になる予感がしてます。寛大な読者さんにおかれましては、いつも通り「こういう考えの人もいるんだな」程度に捉えていただけるとありがたいです。

イベントが面倒くさい

面白くないと思ったきっかけは、これです。イベントが「難しい」じゃなくて「面倒くさい」と感じます。いや、難しいのは難しいのですが、それ以前に面倒くさいです。
たとえば、秋イベのE3のトリプルゲージだったり、E4のアホみたいな量のギミックなどがそうです。ギミックがあるのはいいんですが、面倒くさいんですよ。
艦これのイベントの醍醐味(と僕が勝手に思っている)のは、やはり強敵との殴り合いを試行回数や運で突破し、新しい艦娘と出会うことです。
ステージ突破やその後の堀などは、言ってしまえば「新しい艦娘に出会う為」の試練です。もちろん、自分の提督としての兵站能力を活かせれば嬉しいのですが、それも「新しい艦娘に出会う」という目的に集約されると思っています。


それをば、なんですか最近のギミックは。
●●マスで制空権を取らないとマップの半分が見えませんだの、ボスマスルートとはまったく関係のないマスを2つ3つA勝利しないとボスマスが見えませんだの、すっげえ面倒くさい。

昔のギミックは良かった…。昔のギミックは、それ自体が難しくないというのも勿論ありますが、ギミックで得られるものが「ボスマスでの火力補正」だったり「ルートが少し短くなる」だったりと、「やるにこしたことはないが、やらなくてもクリア自体は可能」っていうギミックだったでしょう。
でも今は、「マップが見えません、ボスマスも見えません、ココとココのマスに行ってください、がんばってください、公式からは情報提示しません」みたいな感じじゃないですか。ギミッククリアしないとボスマスのチャレンジ自体ができないって、ちょっと僕はどうかと思いますよ。百歩譲ってそのギミックが簡単ならまだいいんですが、量もメチャクチャあって、それぞれの達成難易度もまあ高かったという感想なんですけど、正直やってられないですよ。
なので結局、前回のイベントもE4は途中で断念して切ってますしね。ギミックの途中くらいでもういいやって。前回のイベントで出会えた新しい艦娘は佐渡だけでした。

佐渡といえば、2015年の秋月、2016年の松風と、秋イベのE2突破報酬艦娘は2年連続で僕っ娘だったので、その流れに乗って佐渡も僕っ娘なんじゃないか?ということでE2までは全力で行ったんですよ。だからE2まではそんなにヘイトたまってないっていうか、それ以上のモチベーションがあった訳ですが。
E3以降で一気にやる気なくなりましたね。

ソースは失念したのですが、以前Twitterで「艦これのイベントは定期試験」みたいなツイートを見たんですよ。その当時は艦これを楽しめていたので「そういう考えの人もいるんだな」って感想だったんですが、今ならその気持ちがよく分かります。
「いついつからイベントが始まるので、それまでにしっかり勉強しとけよ、準備しとけよ」って感じに思うんですよね、最近の艦これのイベントって。そんで試験範囲は知らされてないみたいな。いや、一応西村艦隊だのの情報はありましたが、一ヶ月前に告知されて対象艦娘を育て上げられる人がどれだけいるでしょうか。
僕は割りと初期から、僕っ娘(ボクっ娘)ということで時雨、最上を気に入っており育てていて、戦艦の主力級として運用していた扶桑にも愛着があり育てており、その姉妹艦である山城も育てていました。イベント開始時点ではその4人に関しては指輪を渡していましたし、戦力は整っていた方だと思うんですよ。実際自信があったのですが、E4はボスマス入場権ギミックでやめてしまいました。
それくらいギミックは面倒なんですよ。最近は。

装備獲得に時間がかかる

これはもう、僕がものぐさだからっていうのは大前提にあるんですよ。あるんですけど、それにしたって時間かかりすぎじゃないですかね。
たとえば噴式とかがいい例ですよ。たくさんの任務をこなしてやっと手に入る装備。もちろん装備として優秀ですし、大変だからこそ達成感があるっていう考えも分かるんですが、多くの人は「こんなに面倒ならやんなくていいや」って感じるのではないでしょうか?
でも、実際のイベントでは全員が噴式持ってる前提の調整とか、wikiなどの最適解装備にも噴式が入ってたりするんですよね。
いったいどれほどのプレイヤーがそのペースについていけるでしょうか。

艦娘は沈む

これに関してはもともと、友人が言っていたことで僕自身は「う~ん、まあ分からんじゃないが…」って思ってたのですが、最近考えが改まってきたので書きます。(友人が言ってた内容と解釈が違ってたら申し訳ないですが、それはそれで僕の意見ということで…)

皆さんご存知の通り、艦娘は沈みます。沈んだ艦娘は帰ってきません。二度と帰ってきません。同名の艦娘とはまた出会えるかも知れませんが、それはあくまでモチーフにした艦が同じなだけの別人です。(ここは人によって解釈が分かれると思います。僕のイメージとしては、たとえばゲームで「剣士A」が死んで、その後に「剣士B」が仲間になっても、同じ剣士が仲間になっただけであって、AとBは別人だという解釈です。剣士の部分を、時雨、最上など各艦名に置き換えるイメージです)

もちろん艦娘も勝手に沈んだりはしません。沈む理由は大破進撃なので、大破してる艦娘がいれば進撃しないようにすることで、轟沈は防げます。それは事実です。

でも、そこまで気を使わなければいけないゲームって、どうなんでしょう?
僕は正直「大変だな」「楽しくないな」って思います。
僕もゲームが心底大好きで、普段誰かに「たかがゲーム」だの「ゲームごときに…」だの言われたら不快になるタイプの人間なのですが、あえてそれらの言葉を借りると「何故、たかがゲームごときにそんなに神経使わなきゃならんの?」と思います。
今までは何の疑問もなく気を付けていたのですが、言われてみると確かにそうだと思いました。もっとこう、気楽にできて、少しくらい無茶できるゲームの方が、僕は楽しいと思います。

ましてや、イベントのギミックなど大変ですし、社会人の方は本気でイベントを攻略しようと思ったら深夜や休日にまでおよび、休日なんかは半日~一日中艦これと向き合うことも多いと思います。
もちろん次第に集中力がなくなりますが、そのタイミングで予期せぬ轟沈などがあればもう、立ち直れないのではないでしょうか。
そういった意味で、あまり良くないシステムなのではないかと思います。
ダメコンを使えばいいという考えももちろんありますが、通常ダメコンを搭載する拡張スロットに機銃なども装備でき、戦力を向上できるという時点でダメコンの搭載はオプションでしかなく、結局リスクと戦力のトレードオフになっている時点で根本的な解決策とはならないと思います。ダメコンが課金アイテムだという点でも、解決策にならないと思います。

もちろん、轟沈を実装しているからこそ建造を制限なく行えますし建造可能な艦は何人でも建造できるのだと思います。
ですがそれを差し引いても、やはり轟沈は辛いものです。

今現在艦これをプレイしている皆さん、特に新規プレイヤーさんにお願いがあります。

どうか、軽い気持ちで大破進撃をするのはやめてください。
「レア艦じゃないから別にいっか」という考えは、その考え方自体は人それぞれですし公式が禁止している訳でもありません。僕が介入できる大義があるわけでも、勿論ありません。
ですが、艦娘を轟沈させたという事実は、深く深く心に残ります。

僕がまだ艦これを始めて間もないころ、2-4の攻略中に最上を轟沈させてしまいました。
ボス前を突破して、最上が大破、それ以外は中破ですらない微軽傷だったので、進撃すれば2-4を突破できる自信があり、また当時は「最上はレア艦じゃない、母港にまだいるから沈んでも育てなおせばいっか」と安易に考え、進撃しました。

結果的に2-4の攻略は成功しましたが、最上を失いました。その時は、素直に2-4を突破できたことを喜びました。

それから3年ほど経ちますが、今でもたまに単発任務などで2-4に行くと当時のことを思い出します。
当時の自分が決めたこととはいえ、愚かなことをしました。
最上を沈めてしまったという事実は枷となって、まだ僕の心の中に残り続けているんです。

上記で指輪を渡したと書いた最上は2代目なのですが、彼女に指輪を渡す時は本気で泣きました。嬉しさも勿論ですが、罪の意識はかなり大きいです。

艦これに愛着がわいてくると、どうしても誰かを轟沈させてしまったことを思い出すでしょう。それはとても悲しいです。
轟沈させたことのない提督には絶対にわからない悲しみがありますが、できるだけ多くの提督が、その悲しみを知らないでいてほしいと願います。

最後に

だらだらと書きましたが、決して艦これが嫌いになった訳ではないです。ですが、今はちょっとやらないでおこうかなとは思っています。
今後、もし上記の部分が解消されれば楽しめるでしょうし、されないとしても新規艦娘が魅力的だったら再開するでしょう。

2、3ヶ月ほど前に、友人が艦これを始めました。僕は提督仲間が増えると喜び、wikiに書いてあるうちの20%くらいの情報を、wikiの300%ほどの分かりやすさで教えてあげました。
その友人はそれより少し後にアズールレーンを始めたのですが、今では結局艦これではなくアズールレーンばかりやっているみたいです。「まぁ…そうなるな」と思いました。艦これは新規プレーヤーには取っ付き難いゲームだと思います。
(艦これがアズールレーンと比べてどうこうというような話が本旨ではありません。あくまで艦これはやりにくいという意味でこのエピソードを持ち出しました)

これもソースは失念して申し訳ないのですが、以前Twitterで「楽しいと思えていたゲームが楽しくないと思い始めたのは、ゲームがつまらなくなったのではなくて、単純に自分がそのゲームのターゲット層から外れたということ」というようなツイートを見かけました。
なるほどな、と思います。ターゲット層から外れたのであれば仕方ないです。面白くなくて当然です。
またターゲット層に入るか、ターゲット層が広くなってまた自分が拾われるか、結局はそういう方法でしか再開はないのかなと思いました。

冒頭にも書きましたが、この記事は艦これを貶すという意図はなく、また、誰かに賛同してほしい訳でも、艦これを嫌いになってほしい訳でもありません。
記事内は僕の考え方なので、「こういう考えの人もいるんだな」程度に捉えていただけるとありがたいです。

読んでいただきありがとうございました!
よかったら、Twitterのフォローお願いします!
この記事のURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。