最近のポケモン事情【ポケモン】


ポケモンのブログです(キリッ)とか書いておきながらポケモンの話を全然してない(あえてしていなかったんだけど)から、そろそろいいタイミングだし、最近のポケモン事情について書いてみようと思う。

僕が本格的にポケモンバトル(レーティング戦)を始めたのはORASからだから、対戦歴自体もそんなに長くないんだけど、やっぱりポケモンバトルは楽しい。先日Nintendo Switchが発売されて、ミーハーな僕も買ったんだけど、Switchは全然やってなくてずっとポケモンばっかりやってる。まあスマブラ待ちってのもあるんだけど…。


僕はやっぱり対戦といえど、自分が好きなポケモンと一緒に戦いたいと思っている。でも、勝負ごとにおいて「勝つ」ということを妥協したくはないから、結構いろいろがんばりながらやってる。

ORASではずっとシングルで、サン・ムーンでもシングルでやろうかと思ってたんだけど、クチートナイトがもらえる大会のレギュレーションがダブルということで、参加してみたらダブルバトルが楽しい楽しい。なんというか、単純な対面性能じゃない、パートナーどうしで補え合える戦い方っていうのかな、これがとても気に入ってずっとダブルで参加してる。

僕が一番好きなポケモンはニューラで、金銀の当時からメチャクチャ可愛いと思って一目惚れして、それ以降ずっと一番好きなポケモンとして頂点にいる。その後世代を経るごとに、進化したマニューラが登場して、今ポケモンバトルにおける相棒はこのマニューラになっている。メチャクチャ可愛い。好き。なんで最初一目惚れしたかっていうと、耳の形が雌雄で違うことによるギャップ萌えなんだけどね。

僕はORASの時から、レートで対戦する際は必ずこのマニューラをパーティに入れるようにしている。
ポケモンの対戦事情に少し詳しい人なら周知だと思うが、マニューラは紙耐久の高速物理アタッカーといった位置づけで、対戦ではメジャーという訳ではないが、多くのポケモンを相手にできる実力はあると思っている。今作ではカプ・テテフの登場でアイデンティティの一つだった先制技での詰めが難しくなったものの、それでもまだ活躍してくれている。

ちなみに、最初の一匹のニックネームは色んな作品で♂なら「まに」、♀なら「まや」という名前を襲名している。
サンムーンでは、ORASのメインウエポンだった叩き落とすが教えられないため火力不足が僕の中で懸念されたが、なんと新技の地獄突きを習得するようになった。地獄突きは、これまた僕の大好きなニャビーの最終進化系であるガオガエンの固有技で、これを使えるポケモンはガオガエン、ドーブル、ニューラ、マニューラの4匹しかいない。なんと半分をニューラたちが占めているのである。素晴らしい。

また、ニャビーは僕がニューラの次くらいに好きなポケモンなんだけど、現時点ではガオガエンをうまく対戦で使う方法が僕の中で整理できていないので、ニューラにこの技を継いでもらっているみたいな感じ、みたいな。威嚇が解禁されればソッコーで育成したいポケモン。

そして僕の最近のお気に入りのポケモンはメガルカリオだ。ルカリオや、その進化前のリオルも僕はとても大好きで、「進化前が可愛くて、新化後がカッコよくて、メガシンカしたらもっとカッコイイ」という感じでとても気に入っている。メガルカリオも最近よくパーティに入れている。
特にこの子は物理方面、特殊方面ともに種族値が高く、またどちらの技範囲も広いことから、相手からしたら、どちらかを見分けてアタリをつけて選出するポケモンを選ばなければいけないという、なかなか厄介なポケモンだ。こちらのパーティ内の他のポケモンである程度推測できるにせよ、これはなかなか厄介だと思う。リザードンあたりと一緒にパーティに入れておけば、結構相手の選出をかき乱せるんじゃないだろうかと日々思っている。

ちなみに色違いは、僕が好きな色である黄色を基調とした色になる。いつか色違いのルカリオと出会いたい。
ルカリオが好きすぎるゆえに、特殊特化ルカリオ、物理特化ルカリオ、両刀(物理/特殊を使い分ける型)のルカリオを育成した。ニックネームが「リュカ」の子がいるんだけど、その子はめざ氷持ってる。PKフリーズ。ハハッ。

また、僕の好きな技に「ステルスロック」という技があって、事前に使用しておくことで、以後相手が繰り出したポケモンにダメージを与えるという技なんだけど、この技を使える子として、ナットレイとマンムーが候補に上がっていて、ナットレイは既に育成済みでパーティに入れている。マンムーはこの記事を書いている昼休みになんとか育成が終わったから、これからパーティに入れる予定。パーティのバランスを見ながら考える。

で、パーティのバランスを見ながら考えると言ったものの、対戦に詳しい読者の方なら既におわかりかと思うが、結構今とんでもない事態になっている。
炎と格闘の一貫性が、アカンことになっている。
マンムーは一応脂肪にするから炎は大丈夫なんだけど、結局格闘がキツイ。というかマッハパンチされるだけで壊滅的な被害が想定されるんだが。それでなくても加速バシャーモとかで結構詰んでるんだが。
正直、マニューラとルカリオ辺りを使いたいと思ってた時点で、結構コレまずいんじゃないかなと思ってたけど、まあここまで進んだら仕方がないのだ。やるしかねえ。

残るメンバーはやっぱり僕だし、可愛い子になるよねって感じなんだけど、まあミミッキュとかドヒドイデとかだよね。

ミミッキュはまあフェアリーZ搭載のきゃぴきゃぴミミッキュ(♂)なんだけど、ニックネームは「アイノユーノ」ってつけてます。大好きなKANA-BOONの「ミミック」という曲の歌詞から参考にした。でも長いからユーノくんって呼んでる。ただしフェレットではない。ちなみにもう1匹別の性格で育てる予定で、その子のニックネームは「スクライア」にする予定。完全にフェレットです、ありがとうございました、みたいな。
ちなみにユーノくんは意地っ張りです。ウチの、じゃれついてくるユーノくんの話です。

ドヒドイデはぶっちゃけヒドイデが好きだったから、奇石持たせて耐久ヒドイデにしようかと思ってたけど、種族値見た瞬間「ぶえええええ???キミ、進化に際して進化しすぎだろ!?」という、頭のおかしい感想を持ったので素直にドヒドイデを育成しました。ヘドロ持てるし。やったね。

僕の場合主戦場がダブルということもあり、ワイドガードを搭載してる。あえて地震とかがささるような選出にしておいて、ワイガで弾いてその間に積むとかね。そういうことできるからダブルが楽しいんだよ。後はダブルが楽しいと思えるのは、こっちのファイアローで先制追い風して、相手のスカーフテテフをメガルカのラスターカノンでぶち抜いた時とかね。

ドヒドイデは見た目が好きなこともさることながらその種族値のポテンシャルも個人的にはかなり高く評価していて、物理受けと特殊受けを両方育成した。正直、あの耐久値と専用守る持ちで、特性再生力ってのは、なんかこう、育成したくなる。
物理受けの子が「どち」ちゃん、特殊受けの子が「どいどい」ちゃん。でも特殊特化しても、結局フィールド下のコケコの10万やテテフのサイキネで致命傷。今の環境はちょっときついかも感はある。コケコテテフがいなくなる環境が想像できないけど。まあうまく受けれたら強いから信頼してるけどね。

ヤバイ、ポケモン関係書きたいことが多すぎる…。

対戦に関しては、まだ育成しているポケモン自体少ないからパーティのバリエーションもそこまでないんだけど、最近友人に対戦動画をオススメされたこともあり、それを視聴しながらまたグングンとモチベーションが上がってる。今までそこまで育てようって気にならなかったポケモンも、使ってみたいって気になって非常に気持ちが良い。

あとはやっぱり、ポケモンに関しては型を考えたり、努力値の調整をしている時が楽しいって感じかな。僕はあまり読みとかが得意じゃないから、意表をついたようなポケモンや技で戦うことが多いんだけど、まああまり注目されていない技とかで仮想敵を倒せるのかっていう計算や調整をしている時は本当に楽しいと思う。

あとはやっぱり、ORASでもパルレがあったんだけど、サン・ムーンのポケリフレは可愛いね。意味合い的にはポケモンにとってのリフレって感じの意図なんだろうけど、僕の方が癒されてる。
最近だとユキワラシやリオル、ウリムーあたりが本当に可愛いと思った。あとはやっぱり王道のニューラだよね。これはマジで可愛い。

…とまあこんな感じでちょくちょくポケモン関連のことも書いて行きたいなあ。
気が向いたら対戦向けの考察とか、自分の中で踏ん切りがつけば育成論とかも書いて行きたいなとは思う。