「聖黒熾天使 ヴェラトール・ターミナル」は爆発力の塊!!【ヴァンガード 今日のカード】


こんにちは、那音です。
今日のカードも「ファイターズコレクション2017」からの公開ですね。エンジェルフェザーのGB(8)ユニット、「聖黒熾天使 ヴェラトール・ターミナル」です。
なんというか、こう、天使も不浄ですね…。あんまり書くと怒られそうなので、この辺にしておきますが。
さっそく能力を見てみましょう。

聖黒熾天使 ヴェラトール・ターミナル
・GB(8) ヴァンガードにアタック時、ダメージ1枚につき前列全体にパワー2000上昇、更にダメージゾーン5枚までを選び、ドロップゾーンに置き、その後ダメージチェックを行う


GB(8)の達成難易度は現時点ではうんともすんとも言えないので(耐久構築しやすいクランなのでそこまで難易度高くはなさそうですが)能力について細かく見てみます。

まあ、前列のパンプで思いつくのはスタンドトリガーを絡めたパンプですよね。「黒衣の爆撃 マーリク」みたいに自前でスタンドトリガーをめくれるユニットじゃなくても、このユニットの場合トリガーチェックを合計で最大8回行えるという規格外のユニットのため、充分スタンドトリガーを狙うことができるでしょう。

このユニット自身も単騎36000が容易に狙えるので、そこからの8回のドライブチェックは相当のものですよね…。
特に自前で山札に戻る「サージェリィ・エンジェル」と、救援によってダメージのサージェリィをコールできる 「黒衣の通牒 リドワン」を絡めて、最終的にマーリクの連続アタックにつなげることができればかなり強い動きができますよね。

結局マーリクかよと思ったそこのあなた。僕も全く同意見です。

ゴールがマーリクだったら別にこのユニットを使う必要はないと思われるかもしれませんが、このユニットによって安定性(というかフィニッシュの確実性)が向上するのは明らかでしょう。前述の通り8回のドライブチェックが行えますし、それによって一度途絶えたマーリクのアタックの再開のきっかけとなることも期待できるでしょう。

マーリクはクリティカルが乗った状態での連続アタックが特に強いですが、このユニットによってクリティカルもスタンドも強引に獲りに行ける確度が上がるのは大きな後押しになるのではないでしょうか。

また、マーリク以外では、公式サイトでも解説がある通り、「ナース・オブ・ブロークンハート」を絡めてアホみたいなパンプを狙うことが可能ですね。V裏ブロークンハートでも余裕でアリでしょう。ダメージ5枚であれば、Vとブロークンハートが20000ずつ上昇するって、これ相当ヤバくないっすか。しかもスタンドするのもほぼ決定事項みたいなもんでしょう。汚いさすが天使きたない。

冒頭で耐久クランだからとは書きましたが、普通にポコスカ殴ってきますよねこのクラン。怖いです。

最初にイラストを見た時、腋から注射器ミサイルを発射してるように空目して二度見した。

関連商品: