次世代かげろうは心理戦特化!?「炎熱機竜 ズィーゲンブルク」&「神龍騎士 アブドサラーム」【ヴァンガード 今日のカード】


こんにちは、那音です。
かげろうのカードもなかなか優秀なのが出てきますね。特に「ドラゴニック・ブレードマスター」は評価もずっと低かったですし、まあ同時に登場したカードにユーザーが流れてたからだとは思うんですけど、とにかくブレマスはかなり評価が低かったです。
その分の上乗せ…かどうかはわかりませんが、かげろうはだいぶ今日カードが登場するといった感じですね。
たとえば、今日公開された「炎熱機竜 ズィーゲンブルク」「神龍騎士 アブドサラーム」も、だいぶ新しいかげろうの形になっていると思います。
さっそく能力を見てみましょう。

炎熱機竜 ズィーゲンブルク
・超越
・竜炎
・起(V)[ソウルブラスト(1), Gゾーンの同名のカードを1枚選び表にする]:相手のリアガードを1枚選び退却させる。
・GB(3)自(V)[カウンターブラスト(1), 相手のリアガードと同じ枚数手札を選び捨てる]:このユニットがアタックしたバトルの終了時、竜炎状態なら、コストを払い、ドライブ-2してスタンドする。


といった能力ですね。かげろうの伝統能力、Vスタンドです。
ユニークな特性があるので追って行きましょう。

1.Gペルソナですが、必ずしもGペルソナ能力の使用が必須じゃない
このユニットは、主に能力が2つありますね。3つ目の起動能力と、4つ目の自動能力です。
どちらも目を引きますが、やはりメインとなるのはVスタンドする能力です。

こちらをメインに採用する場合、2つ目の能力は使用しないことも充分考慮できますね。
最近はかげろうもGゾーンが圧迫され始めていますし、FV筆頭候補の「リザードソルジャー コンロー」がソウルに入らないうえに「ポジティブ・ドラコキッド」「覇天皇竜 アドバンスガード・ドラゴン」もソウルブラストを要求しますからね。ソウルもかなり貴重なリソースになります。

しかし実際には、VスタンドのGB(3)を満たすために起動能力を使用するというシーンもあるとは思います。しかしGペルソナ能力を使用しないという選択肢もあるというのは覚えておいて損はないでしょう。

また、そういった特性から、このカードはGペルソナ持ちでありながら、奇数枚採用でも腐らないというのが嬉しいですね。特にGゾーンが圧迫されているのであれば枚数はシビアに調整する必要がありますし、そういった前提の中で少ない枚数でも仕事ができるこのカードは強いですね。

2.リアガードをアタックしてもVスタンドできる!?
これが個人的には大きいと思います。
これによってリアガードを削れれば、Vスタンドの能力で捨てる手札を1枚浮かせますよね。そもそもこの能力はドライブ-2なので、2枚以上捨ててスタンドすれば枚数のうえでディスアドバンテージになります。いや、Vスタンドって1枚のディスアドバンテージが発生するのが本来の査定なんですけど、まあ踏み倒したいじゃないですか。そういったことができるのも強いと思います。
これによりリアガードをアタックした時のドライブチェックでトリガーを乗せたうえで、ヴァンガードにアタックすることができます。もちろん実際にはヴァンガードを2回アタックした方が圧力はかかるのですが、これも覚えておいて損はなさそうですよね。

また、中盤ではこのように相手のリアガードを徹底的に叩き潰すことにより、「ドラゴニック・ブレードマスター“紅焔”」などの能力でアドバンテージを回収するという堅実な動きもできますね。

神龍騎士 アブドサラーム
・自[カウンターブラスト(1)]:相手のヴァンガードが自分のヴァンガードにアタックしたバトル中、このユニットが(G)に登場した時、相手のユニットのいない(R)1つにつき、このユニットのシールド+10000。

個人的には、うーん…って感じの評価なんですけど、これも人によって評価が分かれそうですよね。
Gガーディアンとして見た場合は絶対リアガードのアタック通さないマンの「炎翼剛獣 ディナイアル・グリフォン」や、余計なことするリアガード焼くマンの「覇天皇竜 アドバンスガード・ドラゴン」がいるので、条件自体は達成しやすそうですね。
また、上記に加え「ドラゴンナイト ルーレン」「リザードソルジャー ベローグ」などの、相手ターン中に相手のリアガードを退却させる手段は揃っているので、そういう意味では強いと思います。

ふつう、かげろうなどのいわゆる焼きクランを相手にする場合は、どうせ退却させらるのでリアガードを出さないというプレイングが一般的だとは思いますが、新しくズィーゲンブルクやアブドサラーム、「ドラゴニック・ブレードマスター“紅焔”」などで、「相手のリアガードが少ない(いない)ことによる明確なメリット」が出始めたので、更に対戦環境が面白くなりそうですね。

自分がディスアドを負わない代わりに相手に「リアガードがいない時のメリット」を譲渡するか、それを防ぐために退却させられるのを覚悟でリアガードを展開するか…。賛否両論あるかもしれないですが、僕はこういう心理戦みたいなの、ポケモンの択ゲーをしているみたいで好きです。

関連商品: