「閻魔忍竜 マグンテンブ」の支配が群を抜いてゲスすぎる!?&支配Gユニットおさらい!【ヴァンガード 今日のカード】


こんにちは、那音です。
僕は支配デッキを組むつもりなのですが、なんか公開されるカードがどれもものすごいカードパワーですね。というか倫理的にヤバいカードが多いですね。
今日公開された「閻魔忍竜 マグンテンブ」も負けず劣らずヤバイですね…。まさにゲスって感じがします。
さっそく能力を見てみましょう。

閻魔忍竜 マグンテンブ
・超越
・【支配】起(V)[CB(1), Gペルソナ]:相手のリアガードを1枚選び、Gゾーンの表の枚数1枚につきパワー+3000し、スタンドして支配し、相手の他のユニットにアタックし、そのバトル終了時に支配したユニットを退却させる。


ちなみにレアリティはRRです。なんつーか…ヤバい。

まずはGB制限がないので、初動から打てるのが強いですね。
支配能力のGユニットの初動要員としてはTDの「閻魔忍竜 キンゴクテンブ」が示唆されていましたが、こちらでも良さそうです。
その際のメリットとしては「Gゾーンの表のカードの枚数を稼げる」「パワーを最低+3000して支配できる」などの魅力がありますね。
デメリットとしては「CBを1使う」という点ですね。これをどう捉えるかはプレイヤーによると思いますが、個人的には初動からヴァンガードに対して要求値を持てる可能性のあるこちらの方がやや強いかなと思います。
また、中盤~終盤でGゾーンの表のカードの枚数が増えてくると、パワーの上昇値も増えるこのカードも効いてきますね。

そして気になるのがバトル終了時に支配したユニットを退却させるというテキスト。
単純に相手のリアガードを退却させることになるので、1枚分のアドバンテージになりますね。
初動という早いタイミングから、ヴァンガードに対して要求値を持て、さらに相手のリアガードを削れるというのはとても強力なのではと思います。
また副次的な効果として、相手のインターセプト要員をメインフェイズの時点で退却させられるというのもありますね。こういう使い方でもとても強力だと思います。

この退却させるという能力は、相手によっては利用されてしまいますね。
たとえば、相手が【ナイトローゼ】などであれば、「夜霧の吸血姫 ナイトローゼ」で登場時能力を使い回されるかもしれませんし、うっかり「スケルトンの砲撃手」などを支配して退却させようものなら逆に大打撃を受けますね。
逆に【ナイトローゼ】としては、あえて「スケルトンの砲撃手」亡霊状態にさせずに残しておくことで支配能力を牽制できるかもしれませんね。

とはいえ「魔忍竜 シラヌイ “朧”」などで支配対象は確保できますので、やはり支配する側にとって都合の良いリアガードの調達も容易に行えそうですが…。

なんにせよ、これで支配のGユニットはあらかた出揃ったかな?という印象です。
これらでうまいこと支配をしてファイトを有利に進めるというコンセプトになるのでしょうが、なかなか面白そうなデッキに仕上がりそうですね。

他の【支配】能力持ちGユニット
【超越】
「閻魔忍竜 キンゴクテンブ」(バトルフェイズ開始時1枚支配)
「閻魔忍鬼 ムジンロード」(複数枚支配可能)
【Gガーディアン】
「六道忍竜 ゲホウラカン」(相手のリアガードを支配してガーディアンにする)

関連商品: