「悲哀の斬撃 ルジェイラス」はダクイレの初手超越要員たりえるのか!?【ヴァンガード 今日のカード】


こんにちは、那音です。
最近はヴァンガードの対戦動画「武士道演武G」を通しての動画編集がちょっと楽しいなって思い始めてます。YouTubeにて公開中なので是非ご視聴お願いします!
さて、今日のカードは「鬼神降臨」収録の「悲哀の斬撃 ルジェイラス」です。たまにダクイレはこういった爽やか系イケメンスマイル的なユニットが登場しますね。多分齢1000とかいってるんでしょう。
さっそく能力を見てみましょう。

悲哀の斬撃 ルジェイラス
・超越
・起(V)[CB(1),Gゾーンから裏のカードを1枚選び、表にする]:ソウルチャージ(3)。SCされたカードのグレードの種類1つにつき、リアガードを1枚選びパワー+5000。【深闇】能力を持つカードがSCされていたなら、ソウルからグレード3のカードを1枚まで選び、手札に加える。


GBなしで、初手から裏の任意のカードを表にできるタイプのGユニットですね。
このタイプのユニットは「覇天皇竜 ドラゴニック・ブレードマスター“戴天”」などのユニットがいるととてもうまく能力を発揮できるのですが、現状のダクイレにはそのようなユニットがいないですね。

となると、やはり運用としては「初回からSC(3)できる点」「リアガードをパンプできる点」「グレード3を回収できる点」などを意識しなければなりません。

まずは「初回からSC(3)できる点」ですが、これはなかなかメリットが大きいのではないでしょうか。
先日公開された「罪を灌ぐ者 シャルハロート」の超越スキルと合わせてSC(5)ができますし、ソウルを早い段階から確保しておけるのは強力ですよね。

次に「リアガードをパンプできる点」ですが、ダクイレは個人的にはヴァンガードがガード制限などのフィニッシュ向けのアタック性能を持っているかわりに、リアガードのアタック性能はそこまで強くないという印象がありまして、それを補えるリアガードへのパンプは強力だと思いました。
ただし、実際には「エニグマティック・アサシン」のために(R)を空けておいたりすることもあると思いますので、3枚しっかり選んでパワー+5000というのはなかなかできないかなとも思います。
また、対象もSCされたグレードの種類に依存するので、安定したパンプは見込めません。
また、「時空竜 フェイトライダー・ドラゴン」も同様なのですが、たとえば選べるリアガードが2枚で、実際のリアガードが1枚しかいなかった場合は「1枚に1回パンプ」しかできないので注意しましょう。同じユニットにパンプを重ね掛けすることはできません。

最後に「グレード3を回収できる点」ですね。これは秀逸な能力です。条件として【深闇】能力を持つカードがソウルチャージされる必要はありますが、
【深闇】のカードはデッキにも入れやすくなるでしょうし、3枚というSC枚数から、この条件はほとんど無視できるのではないでしょうか。
回収したカードの使い道としてはやはり次のターン以降の超越コストに充てるということですね。実質的に超越コストを払い戻せる堅実なプランです。
他には、「エーデル・ローゼ」を回収することで間接的に「ヴェアヴォルフ・ズィーガー」をサーチして、アタッカー兼インターセプト要員を確保することも可能ですね。
また、「グレンツェント・ヴァンピーア」をハーツにしているのであれば、同名カードを回収することでエンドフェイズのコストを確保でき、実質的に1ドローに変換できますね。さらに、要求されるソウル量は多めですが、ルジェイラスのCBコストの払い戻しと相手リアガードの退却もできますね。これはなかなかエンジンとして強いのではないでしょうか。

他のクランの初手超越要員と比較すれば物足りない印象がありますが、それでもデッキを選ばず仕事ができる汎用性の高い能力を獲得できたのではないでしょうか。
今後、「覇天皇竜 ドラゴニック・ブレードマスター“戴天”」のようなGユニットがダクイレに登場したら注目されそうですね。

関連商品:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です