「勇壮の聖騎士 アルヴァクス」で勇敢軸ロイパラは加速する!?【ヴァンガード 今日のカード】


こんにちは、那音です。
昨日の週ヴァンではいくつか重大発表があり、僕としてもかなり楽しみになっています。
特にダクイレが大幅に強化されていますね。僕の周りにもダクイレ使いがいるので、早く新しいダクイレとファイトしてみたいと思いました。
さて、今日のカードは「鬼神降臨」収録の「勇壮の聖騎士 アルヴァクス」ですね。なんというかやはり、竜徹先生の騎士というか男性ユニットはカッコイイですよね。
さっそく能力を見てみましょう。

勇壮の聖騎士 アルヴァクス
・超越
・[ターン1回]起(V)[CB(1),SB(1),Gペルソナ]:Gゾーンの表の【勇敢】能力を持つカード1枚につき、山札から【勇敢】能力を持つカードを1枚まで選び別々の(R)にコールする。コールされたユニット1枚につき、コールされたユニットのパワー+2000。
・【勇敢】起(V)[CB(1)]:パワー+5000。


【勇敢】軸に入りうるGユニットですね。GBもないので、扱いやすいのではないでしょうか。
まずは一つ目の起動能力、[CB(1),SB(1),Gペルソナ]という潤沢なコストを要求されますが、それに見合う能力はあるのではないでしょうか。
この能力自体は【勇敢】能力ではないため、手札の枚数が調整出来ていない序盤にも使用できますね。
また、コールできるユニットは【勇敢】能力持ちという縛りこそありますが、グレードは指定されていません。
ですから、「反攻の騎士 スレイマン」「要撃の騎士 レドン」などのアタッカーの確保はもちろん、「そにっくがる」「逆風の騎士 セリム」などの後列要員も持って来れるのが強いですね。

また、「変革の騎士 ピール」の能力の多重誘発も狙えますね。ピール自身が【勇敢】能力を持たないため自前で用意しなければならないですが、成功した時の恩恵はとても大きいですよね。

面白い使い方としては、「さるーがる」を複数枚コールしておき、手札に変換するのもいいかもしれません。(勇敢の判定が登場時なので、エンドフェイズに手札が増えても問題ないため)

また、複数の【勇敢】能力持ちのユニットを展開させることができるので、「フラッシュザンバー・ドラゴン」「まるばる」なども相性が良いですね。コール対象でもあるので、デッキに忍ばせておくといい動きをするかもしれません。

また、FVとは別に「練磨の騎士 アレクトス」をデッキに入れておけば、どうしても手札の調整ができなかった場合にも強制的に【勇敢】能力を有効にできますね。「練磨の騎士 アレクトス」自身も【勇敢】能力持ちでコール対象になっているので、いざという時にコールして勇敢を有効にできるのは強いですね。

そして二つ目の起動能力ですが、回数制限なしの自己パンプですね。【勇敢】という縛りはありますが、むしろ一つ目の能力との兼ね合いで付けられたような制限でしょう。そして、終盤でCBが余った際にパンプして圧力をかけられるというのは本当に強いです。こういった「大量にリソースを使ってでも実行できる」切り返しの一手になり得る手段はデッキ構築の際には常に意識しておきたいですが、自然に入るのは嬉しいですね。「CBさえあればどうにかなる」というギミックをデッキ単位で組み込んでおけば、速攻を受けた時にも冷静になれるのでオススメです。

初手超越にアルヴァクス→次の超越で「神聖竜 ルミナスホープ・ドラゴン」というルートをとれば、無駄なくGゾーンの表を3枚にしてクリティカルを増やせますね。ルミナスホープ→ルミナスホープに比べてコストが多いのとパワー上昇値は劣るという点はありますが、リアガードを展開できるという意味では充分選択肢に入ると思います。

また、たとえば自分が先攻だった場合でも「神衛聖騎士 イグレイン」を絡めれば、初手超越から展開できるリアガードの枚数を増やせるので切り返しとしては充分な戦力になるのではないでしょうか。

ロイパラや【勇敢】にまつわるカードの記事の度に紹介していますが、個人的に好きなユニットである「精励の騎士 ハルボン」が見られるチャンスが増えると思うと、どんどん勇敢軸のロイパラは強化していってほしいと思います。

関連商品:



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です