【とくダネ!】Twitterで炎上した件について【何も学ばない】


こんにちは、那音です。
Twiterでまた炎上しているようですが、「とくダネ!」の制作側のアカウント(スタッフの個人アカウントではなく、番組が用意したアカウント)での下記のようなツイートが問題になっているようです。


(文字起こし)

午前7時30分までにご連絡を取らせていただけないでしょうか?また、午前8時の放送までにご返答がない場合、上記の理由により使用させていただきたく存じます。放送させていただいた場合は、追って当方より
ご連絡いたしますので何卒ご理解のほど、お願い申し上げます。

このツイートは、川の氾濫している旨の注意をツイートに対して返信(リプライ)したもので、そのツイートには動画が添えられていました。
とくダネ!のこのツイートの意図としては、その動画を番組での放送に使用させてほしいといった旨なのでしょうが、一方的に期限付きで連絡を要求し、あげく連絡がない場合は使用した後で事後報告するという旨になっています。

もうね、アホかと。本当に意味が分からない。

恐らく大多数の人が「アホか」と思うんじゃないでしょうか。
ふつう、こういうのは連絡をし、コミュニケーションが取れ、許可を貰った段階で使用するもの。ですから、ツイートの投稿主と連絡が取れなかったからと言って、イコール番組で使用しても問題ないということには絶対にならない。

それを、なにを勘違いしたか、連絡は取って申請はしているので、あとは「使わないでくださいと言われた」場合以外は使用しても問題がないと、お花畑のようなメンタルではありませんか。
しかも定めた期限は、返信した時間から2時間も経たない時間。いったいどういう了見なのでしょうか。

そもそもこの動画ツイートは、川が氾濫して危険という旨のツイートです。
もし川の勢いが急に強くなってもしもの事態に陥ったという想定とか、早朝に避難を余儀なくされたということへの配慮が欠けているのだとしたら、不謹慎さすら感ぜられます。

放送開始に間に合わせるのも、テレビですからもちろん視聴率目当てでしょう。
ゴールが視聴率稼ぎですから、動画を使えるものと決め込んで、他のユーザーに叩かれないように連絡をしたということではないでしょうか。動画を使えると思い込んでいたからこそ、却下の連絡時以外は使用するというアクションに出たのではないでしょうか。

とはいえ、こんな記事を書いていて申し訳ないのですが、僕は実際にそのとくダネ!の放送を見ていないのです。なので、この動画が使用されたかどうかはわかりません。

ですが、それ以前にこういう返信があったこと自体、嘆かわしいというか、悲しいですよね。こういう状況ですから、やはりユーザーに対する配慮はあってもよかったのではないかと思います。

最近はヒアリ警察さんの件で無断使用が話題になったマスコミ・メディア業界。当然一般人の、特にTwitterユーザーの目は鋭くなっている中、少し警戒心が足りないというか、「適当に仕事してるんだろうなあ」という印象しかありません。言語道断です。