【ヴァンガ雑談】「強さと楽しさ、どっちを取る?」&「心願の雷撃 ヘレナ」&「エレクトロブッチャー・ドラゴン」【ヴァンガード 今日のカード】


ファイターの皆さん、こんにちは。那音です。
最近、BCFを経てから、ヴァンガード強くなりたいって思うんですけど、今は今で全く勝てない訳ではないですし、楽しいんですよね。これはもう、カードゲームに関わらずあらゆること、少なくともゲームには共通する命題みたいなものなのでしょうが、強さを求めるあまり楽しさが損なわれては本末転倒。しかし、強さが楽しさに結びつくことは絶対にある。たとえば、フリーでのグレード2止めとか。とくにオフラインのカードゲームは相手と対面するので、嫌が応にも相手のリアクションを視認しなければなりません。カードゲームが苦手という人のこういう主張も、僕はよくわかります。

……難しいテーマですよね。なので僕はこういう時は、「相手を楽しませ、それ以上に自分が楽しむ」ことを目標にします。別にエンターテインメントって訳ではないですが、相手を楽しませた以上に自分が楽しませれば、トータルでアドは取れるかなって感じです。

たとえば身内どうしで、ある程度互いの性格とかノリを把握している間柄であれば、結構クレイジーなプレイングをしても、そこにノリが生じて、上手い具合にグルーヴして、結果楽しい時間になるんじゃないかなと思っています。さすがに、ライド事故している相手に毎ターンクリティカルをめくり続けるとワンサイドゲームと言わざるを得ませんが、親しい人なら、「はいじゃあ次」みたいに、ササッと流して(リセットして)気持ちを切り替えて、また「楽しい時間つくり」ができるんじゃないかなって思うんですよね。
皆さんはどう思いますか?


もともと僕は争いを好まない心優しい性格という、なにかのきっかけで最強の魔法剣士になってもおかしくない素質があるので、まあ、そこのところよろしくお願いします。雑談オワリ。

さて、今日のカードは「竜皇覚醒」収録の「心願の雷撃 ヘレナ」「エレクトロブッチャー・ドラゴン」です。なるかみの雷激といえば一昔前は「ヴァンキッシャー」専用だったという印象ですが、今ではGユニットのヴァンキッシャーも増え名称を借りられたり、そうでなくてもサポートが充実してきているので、色んなデッキに出張できる可能性も生まれてきましたね。
さっそく能力を見てみましょう。

心願の雷撃 ヘレナ
グレード2/9000/5000 《なるかみ》<シルフ>
①【自】[GB(1)][雷激(3)][CB(1)]このユニットが(R)に登場した時、あなたの「ヴァンキッシャー」を含むヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、1枚引き、そのターン中、このユニットのパワー+2000。

まずはグレード2の「心願の雷撃 ヘレナ」。
(R)登場時に、CB(1)で1ドローし11000になれるという能力を持っています。

先ほども書きましたが、今はGユニットの「ヴァンキッシャー」も増えているので、超越をする前提であれば「非ヴァンキッシャー軸」のなるかみにも採用を検討できますね。
その場合は、GB(3)がやや重いかなという感じではありますが、「ハードロッド・ドラコキッド」「魔竜戦鬼 チャトゥラ」など、他のカードでうまくフォローできるかと思います。

カードファイトヴァンガードG 第2弾「時空超越」 G-BT02 / 052 魔竜戦鬼 チャトゥラ C

CB(1)で1ドローという効率の良さから、多くのデッキでの採用を検討できます。
特にCBを踏み倒せることでカウンターブラストを(R)に割きやすい「ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン」などのデッキでは比較的前向きに採用を検討できるのではないでしょうか。

ドラゴニック・カイザー・クリムゾン RR ヴァンガード 風華天翔 g-bt02-012 カードファイト!! ヴァンガード 【ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン】【RRR】 BT06-006-RRR 《極限突破》

反面、【抹消者】などでは、名称シナジーが色濃く構築に反映されるため、このカードを扱うのはやや難しそうです。
【喧嘩屋】とかはどうなんだろう。ビッグバンが軸になっているだけであって、(R)要員は自由に組めたりするのかな。興味はあったのですが、結局組んでいなかったため、わかりません。まったく検討できないという訳ではないと思いますが。

パワーが11000になるというのが本当に優秀ですよね。
1ドローしたい時というのは、もちろん手札が薄い時に展開するためというのがあると思います。
手札が薄く、リアガードを展開できそうにない場合でも、単体で11000になれるというのは、それだけでかなり評価が上がりますね。


エレクトロブッチャー・ドラゴン
グレード3/11000/- 《なるかみ》<サンダ―ドラゴン>
①【自】:[CB(1)]このユニットが(R)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、相手の前列のリアガードを1枚選び、退却させ、表でバインドする。
②【自】【(R)】[GB(1)][雷激(3)]:このユニットがヴァンガードにアタックした時、そのバトル中、このユニットのパワー+3000。

こちらはサブVデザインのグレード3、「エレクトロブッチャー・ドラゴン」。ブッチャーって、ブッチャーてあんた。
なんか電子がブッチャーってなってるっぽい、ちょっと間の抜けたような名前ですね。ケチャップをぶちまけたみたいな。

1つめの能力は、(R)登場時にCB(1)で前列のリアガードを退却させ、バインドするという能力。
GBも雷激もないのでかなり使いやすく、特に「ヴァンキッシャー」以外でバインドを稼げるのはかなりポイントが高い!

問題といえばこのユニットを最速でコールしているタイミングでは相手の前列のリアガードがいない場合があるということが想定される、くらいですが、このカードはグレード3なので腐るようだったらそのまま超越のコストにできるのが良いですね。

でもこういう、(R)で活きるタイプのグレード3って、あんまり超越コストにしたくないんだよな…。

抹消者 アンガーチャージ・ドラゴン RR ヴァンガード 月煌竜牙 g-bt05-013

「抹消者 アンガーチャージ・ドラゴン」といい、なるかみにはそういうユニットが揃っている印象がありますね。ありません?

2つめの能力は、GB(1)と雷激(3)を満たした場合に、ヴァンガードへのアタック時にパワーが+3000されるというもの。
14000となるので、裏に適当な7000を置くだけで21000となり、相手のヴァンガードに対してマウントを取れるようになりますね。これは本当に強い。
こういう、派手じゃないけど堅実な能力が大好きなんです。

リアガードへのアタック時には誘発しないので、相手の9000のリアガードを掃除したりといった使い方が出来ないのは少し残念ですね。とはいえ、単騎でクロスライドを視野に入れられるパワーは称賛に値しますね。

見た当初は、せいぜいパワー+3000でGB(1)と雷激(3)はきつすぎない?と思ったのですが、この子は自前でバインドできるので雷激(1)とかだったら、ヴァンキッシャー以外のデッキでも、登場時に相手のリアガードを焼きつつ14000で殴ってくる哀しきモンスターになり果ててしまうので、この査定は適正なのかも!?
ほんと、カード開発部の調整は神懸っていますね。

「ヴァンキッシャー」のサブVはこの子か「ドラゴニック・ヴァンキッシャー」が真っ先に候補に挙がるでしょうか。

カードファイトヴァンガードG 第2弾「風華天翔」 G-BT02 / 004 ドラゴニック・ヴァンキッシャー RRR

この子でも良さそうですが、「ドラゴニック・ヴァンキッシャー」の場合は「護天覇竜 ブルワーク・ドラゴン」「護天覇竜 インピード・ドラゴン」を絡めて防御に利用できるので、そういう意味でも迷いドコロですね…。

カードファイトヴァンガードG 第9弾「天舞竜神」 / G-BT09 / 015 護天覇竜 ブルワーク・ドラゴン RR ヴァンガード  GFC04 護天覇竜 インピード・ドラゴン(RRR)(G-FC04/035)

うまく自分のプレイスタイルにあったカードを選びたいですね。

読んでいただき、ありがどうございました!

※「竜皇覚醒」に収録されている他のカードの考察はコチラからご覧いただけます。

関連商品: