VG屈指の最強コンビ!!「太郎太刀 -花丸-」&「次郎太刀 -花丸-」【ヴァンガード 今日のカード】


ファイターの皆さん、こんにちは。那音(なおと)です。
なんかアレですね、リンクジョーカーと刀剣乱舞を、こう日替わりで公開されると、テンションが落ち着かないというか、切り替えが難しいですね。もちろん僕自身も刀剣乱舞を使っていて、リンクジョーカーは継続的にメンテしているデッキは所持していないので、どうしても刀剣乱舞関連のカードにはひいき目というか、ちょっと熱量の多い解説になりがちなのでね。。その辺の切り替えって難しいですよね。はい。

今日のカードは「刀剣乱舞-花丸-デッキセット 第1弾」収録の「太郎太刀 -花丸-」「次郎太刀 -花丸-」です。原作(花丸の方)でも名コンビとして描かれている彼らで、ヴァンガードでも主役級の一組として初となる「相互レギオン」としてデザインされたりとフィーチャーされていますが、この度えげつない強化が入りました。正直、かなりヤバいと思っています。
さっそく能力を見てみましょう。


太郎太刀 -花丸-
グレード4/15000+/- 《刀剣乱舞》<刀剣男士-大太刀>
①超越
②【自】【(V)】:このユニットがアタックした時、あなたの山札から「次郎太刀 -花丸-」を1枚まで探し、(R)にコールし、山札をシャッフルする。

アタック時に山札から、同時公開された「次郎太刀 -花丸-」をコールするという能力ですが、以下の観点から、このカードのスペックがそもそもからしておかしいです。

①コールするユニットの汎用性
これについては「次郎太刀 -花丸-」の項で詳しく解説しますが、初回超越から最低でも16000以上のアタッカーをコールすることができるというのがとても強いですね。さらにこの「次郎太刀 -花丸-」、厳しい要件こそついていますが、アタック時にカウンターチャージ(1)を行えます。
もちろん、コールに関してGBや他のコスト、ハーツ指定などが一切ないため、どのデッキからでも16000↑のアタッカーで追撃されうるということが本当に強力だと思います。

しかし、コールするユニットはグレード3。結果的に山札のグレード3を引く機会が減って、「次のターン以降の超越に支障を来たすのでは?」と思いますよね?

しかし、それも心配ないのです。その理由はコチラ。

②超越コストを軽減する「次郎太刀」に対応している
「次郎太刀」というのは、「刀剣乱舞-ONLINE-」で登場したグレード3のユニット。

ヴァンガードG/刀剣乱舞/G-TB01/015 次郎太刀 R

この能力は、「「太郎太刀」を含むGユニットに超越する時、手札のカードのグレードを+2する」というもの。
この能力により、たとえグレード3のカードを山札からコールしまくっても、グレード1のカードで超越できるということで、その心配がありません。

「太郎太刀」を含むGユニットには既にまるまんま「太郎太刀」というユニットがいるので、使い分けもできるというスーパー親切仕様ですね。

ヴァンガードG/刀剣乱舞/G-TB01/008 太郎太刀 RR


次郎太刀 -花丸-
グレード3/11000/- 《刀剣乱舞》<刀剣男士-大太刀>
①【自】【(V)/(R)】このユニットがヴァンガードにアタックした時、あなたの、(V)かGゾーンの表の「太郎太刀 -花丸-」1枚につき、そのバトル中、このユニットのパワー+5000。あなたのダメージゾーンに表のカードがないなら、カウンターチャージ(1)。

続いてはコチラ。
まずは、ヴァンガードにアタック時に、(V)かGゾーンの表の「太郎太刀 -花丸-」1枚につき、パワーが+5000されます。

このカードは「太郎太刀 -花丸-」でコールできるので、その場合は初回でも16000というパワーが確定しますよね。
そして、「太郎太刀 -花丸-」が4枚分あれば、パワーは単独で31000というビックリな数値になります。アーシャ「31000(笑)」

表の「太郎太刀 -花丸-」を増やす手段としては、もちろん超越していってもいいのですが、
刀剣乱舞のGユニットには、Gゾーンの任意の裏のカードを表にできる人たちが揃っているので、

ヴァンガードG/刀剣乱舞/G-TB01/S01 三日月宗近 SP カードファイトヴァンガード / G-TB02 / 004 一期一振 特 RRR カードファイト!! ヴァンガードG 石切丸 特(RRR) 刀剣乱舞-ONLINE-弐(G-TB02)シングルカード G-TB02/003

それらも絡めて効率的にGゾーンの表のカードを増やしていけますね。

また、特にシナジーが強いと思っている点が、「鶴丸国永 特」の存在ですね。

カードファイトヴァンガード/G-TB02/S05 鶴丸国永 特 SP

これにより、ドロップゾーンからでもこのユニットをコールできるようになり、しかも手札に戻せるので殴り返しにも強くなります。
次のターン、再び安全に31000のこのユニットをコールしてアタックすることもできるので、かなり相性が良いですね。

また、アタック時に、ダメージゾーンの表のカードがないなら、カウンターチャージ(1)を行えます。
多少雑にコストを使っても短期的に考えればリカバリーが利くので、この能力も助かりますね。

アタック時のパワー上昇の部分も含めて用件が一切ないので、GBの有無に関わらず、またヴァンガードの名称その他戦況に左右されずリソースを捻出できるのはかなり強いのではないでしょうか。

発売が楽しみな、すごく期待できるカードですね。

読んでいただき、ありがどうございました!

※「刀剣乱舞-花丸-デッキセット」に収録されている他のカードの考察はコチラからご覧いただけます。

関連商品: