序盤から終盤まで、腐らない能力が光る!「小狐丸 -花丸-」【ヴァンガード 今日のカード】


ファイターの皆さん、こんにちは。那音(なおと)です。
ちょっと前から那音(なおと)っていうふうに読み仮名も付けるようにしてるんですけど、そろそろ定着してきましたかね?
なんかね、ググったら、どうもDQNネーム認定されているんだよね。この組み合わせの「なおと」。もちろん本名じゃないけど、「なおと」を「な」「おと」の組み合わせで表すのってなんかオシャレじゃね?ってことでこれにしてるけど、そうか、DQNネームか…。かなしいのうww

さて、今日のカードは「刀剣乱舞-花丸-デッキセット 第2弾」収録の「小狐丸 -花丸-」ですね。
正直、昨日の週ヴァンのカードのインパクトが強すぎるんですが、やっぱり花丸はマジでかなり強くなりそうで嬉しいですね。解説にも熱が入ります。
さっそく能力を見てみましょう。


小狐丸 -花丸-
グレード4/15000+/- 《刀剣乱舞》<刀剣男士-太刀>
①超越
②【起】【(V)】[ターン1回][SB(1),あなたのGゾーンから裏のカードを1枚選び、表にする]あなたの山札の上から3枚見て、1枚を手札に加え、1枚を山札の上に置き、1枚を山札の下に置く。

じゃーん!
なんかね、自分の記事を見返した時に、テキストが見にくかったので枠を付けてみました。もしこれで見にくくなければ、今後これで行こうと思います。見にくかったら教えてくれ!

さて、小狐丸さんもかなり強力な、強力っつーか使いやすい能力を引っ提げて戻ってきました。
どうも、以前の「小狐丸」「小狐丸 特」の能力の名残もありますね。この人は、とりあえず、「引く」「山札操作」とかがフィーチャーされているようですね。

ヴァンガードG/刀剣乱舞/G-TB01/S05 小狐丸 SP 【シングルカード】G-TTD01)小狐丸 特(RRR仕様)/刀剣乱舞/TD/G-TTD01/003

能力は、SB(1)と、Gゾーンの任意のカードを表にすることで、山札の上から3枚を見て、1枚を手札に加え、1枚を山札の上に置き、1枚を山札の下に置くという能力。

本来、自身のトリプルドライブ!!!で捲るハズだったカードを事前に確認し、手札、ドライブチェック用、ボトム送りができますね。手札も1枚増えていて、さらにトリガーを捲る確度も上昇するこの能力が弱い訳がありません。

さらに、3枚を見て、その中から1枚を手札に加えられるので、狙ったカード・必要なカードも比較的手札に加えやすいというメリットもありますね。もちろん、それはトリガーにしても同様ですが、トリガーに関しては能力を使用しなくても、どちらにせよ捲れていたカードですから、どちらかというと「トリガーを1枚でも捲る」よりは「トリガーを2枚以上捲る」という目的の方が合っている気がしますね。

手札・トリガーを整えられる性質上、ファイト中のどのタイミングであっても、超越して能力を使用できれば仕事はできるGユニットという位置づけで、個人的にはかなり評価が高いです。
もちろん、その状況に応じてこのユニットよりも強力なGユニットを選択できますし、そうすべきだとは思いますが、だいぶメタ環境になりつつあるヴァンガードにおいて、腐らないで仕事を遂行できるというのは、ファイト中盤~終盤では特に求めれられることなのではないでしょうか。

また、コストも絶妙なトコロを突いてきていますね。
SBは若干、既存の刀剣乱舞や花丸内でも競合が懸念されますが(昨日の安定でかなり楽になるとは思いますが)、Gゾーンの任意のカードを表にするというコスト査定が本当に強力ですね。

初回でGB(2)、GGを使わなくても(使えなくても)、次の超越でGB(3)にアクセスできるというのはメリットとしてかなり大木ですし、個人的に評価の高い「次郎太刀 -花丸-」とのシナジーも期待できますね。

総合的な評価としてはかなり高いです。花丸は本当に強くなりそうなので、興味がある方は是非触ってみてください。

読んでいただき、ありがどうございました!

※「刀剣乱舞-花丸-デッキセット」に収録されている他のカードの考察はコチラからご覧いただけます。

関連商品: